ひな祭りのおやつ

3月2日(金)

毎年、ひな祭りのおやつとして「いちご大福」を作ります。

初めての一年生は、最初にラップに包まれた「あんこ」を渡されると「これな~に?」と、不思議そうに聞いてきます。「あんこ」の中にいちごを入れて、温かいお餅を指先で平らにしていく工程で、やっと「いちご大福」を作っていることに気づきます。

上手に広げたお餅の中央に「いちご入りあんこ」を乗せ、素早く包んだら出来上がり!

何度か作ったことのある上級生は手馴れた手つきで、いちご入りのあんこをお餅で包んでいきます。

上手く包めない子には、「こうするといいよ」と上級生が優しくアドバイスをしてくれました。

子どもたちが自分で作った「いちご大福」。あんこがはみ出していたり、いちごが飛び出していたり形は様々ですが、どれも美味しそうに出来上がりました☆

いよいよ、おやつの時間。

「いただきます。」の挨拶の後、1分も経たないうちに「おいしすぎて、ふた口で食べちゃった!」と言う子どもがいました。 「よく噛まないといけないよ。」と注意しましたが、「もう一つ食べたい!」と笑顔で返されてしまいました。(笑)

おいしそうに「いちご大福」を頬張る子ども達の顔を見ると、こちらも幸せな気分になります。

いちご大福のお餅は白玉粉で作ります。今年は白玉粉には砂糖ではなく、練乳を入れてみました。ほんのりミルクの風味のお餅と、いちご入りのあんこがとても相性が良く、美味しく出来ました。ぜひご家庭でも作ってみて下さい♪