「節分のおやつ」と「冬の遊び」

2月2日(金) 節分のおやつ

節分には一日早いですが、「恵方巻き」のおやつを作りました。

簡単に海苔巻きが作れる型に、海苔と酢飯を置き好きな具を入れます。今年は、キュウリ・桜でんぶ・ツナ・干ぴょう・伊達巻を用意しました。

全部を入れて大きな恵方巻きになった子、好きなものだけを入れて細い恵方巻きになった子など様々でした。

食べる前に、みんなで「鬼は外!福は内!」と、大きな声で元気に豆まきをしました。

今年の方角は南南東。静かに同じ方向を向いて食べます。

一年で一番静かな「おやつ」の日になります。

自分で作った「恵方巻き」、みんな嬉しそうに食べていました。

 

「冬のあそび」

今年の冬は雪が降ったり寒い日が続いたりと、公園に行く機会が少なくなってしまいました。外で遊べないのを残念がる子ども達ですが、部屋の中でも元気に遊んでいます。

ボードゲームで遊んだり、

おままごとの玩具はあるけれど、自分達で絵を書いてレストランごっこをしたり、

トランプでタワーを作ったり(成功しました!)、

それぞれ楽しく過ごしています。

「凧揚げ」

冬休みが終わったら1月中旬頃から凧作りをします。好きな絵を描いて組み立てて、毎年、近くの「中学校予定地」で揚げます。広い公園が近くに無いので、貴重な遊び場空間です。

一年生の中には初めて凧揚げをする子もいました。最初は出来なくても、あっという間にコツをつかんで上手にあげていました。

広い原っぱを元気に駆け回る姿に、見ているこちらも元気をもらえました♪