童笑寄席(わらわらよせ)

今年の夏休みは残念ながらコロナウィルス感染防止のため、電車やバスに乗ってのお出かけが出来ません。

夏休みのイベントの一つ、毎年楽しみにしていた童笑寄席。見に行くことが出来ないと残念に思っていましたが、そんな中、とても嬉しいお知らせが!!!

なんと、落語家の絵書家筆之輔(えかきやふでのすけ)さんが、出張で来てくれることになりました🎵

8月3日(月)

待ちに待った童笑寄席の日。近くの集会所をお借りして、会場の準備もバッチリです。初めての子どもは「寄席って何?」「いまから何するの?」と、ソワソワしていました。

開演時間になり、お囃子の音と共に絵書家筆之輔さんの登場です!!!

今回の演目は、「初天神」と「あくび指南」の二席です。

「初天神」は、天神様のお参りの途中、父親が子どもにお菓子をねだられるお話です。駄々をこねる子どもと、お菓子を買い渋る父親の会話やしぐさがとても面白くて、みんな大笑いしていました。

「あくび指南」は、あくびを習いにきた主人公が師匠に教わるのですが、あくびをなかなか出すことが出来ず面白い顔になったり、師匠の真似をしても全く違うおかしなあくびになってしまいます。あくびを習うという楽しいお話に、みんな引き込まれていきました。

お話の後は、質問コーナーをしました。

「なぜ絵書家筆之輔さんという名前にしたんですか?」という質問に、落語の他に絵本や絵を描いているので絵書家にしました。ただ「描」の漢字ではなく「書」を使っているのは、「描」の字が「猫」に見えるからやめたそうです。(笑)

最後にみんなで記念撮影📷✨

とても楽しかったね⭐⭐⭐

 

*絵書家筆之輔さんは、絵本作家 保科琢音(ほしな たくお)さんで「笑える絵本ダナ」というYouTubeチャンネルを開設しています。ぜひご家族でご覧ください。チャンネル登録も、どうぞ宜しくお願いします🌼